プログラマティック環境の急速な進化は、プレミアムコンテンツのパブリッシャーとそのインベントリの入札者により大きなチャンスを提供する一方で、自動化が進んだ新たな状況を乗り切るベストプラクティスにさらなる複雑さと混乱をもたらしています。こうした業界の課題に対処し市場を啓発するには、私たち全員が最前線で貢献する必要があります

PubMaticは、かねてよりデジタル広告の透明性の確保に取り組み、デジタル広告スペースの取引や自社のビジネスの仕組みを開示してきました。私たちは、エコシステムでこのレベルの透明性を達成するために、広告選定、その質、ユーザー体験、および価値交換を、広告が表示される場所、つまりパブリッシャーの手に取り戻すしかないと考えています。

#LetsBeClear:

デジタル広告の透明性とは、

  • マネタイズ戦略を可能にするインベントリと広告選定のコントロール
  • パブリッシャー、広告主、消費者を保護する質とブランドセーフティのコントロール
  • あらゆる画面、広告フォーマット、チャネルにまたがるユーザー体験のコントロール
  • 全体的な価値交換とデジタルインベントリの取引方法のコントロール
SSPが今後、パブリッシャーによるコントロールをどのように実現していくのかについて解説した PubMaticの共同創業者でCEOのRajeev Goel(ラジーヴ・ゴエル)の寄稿を読む
(「Adweek」 英語)
Rajeev Goel, CEO & Co-Founder of PubMatic
PubMaticは今後、「透明性」を規定する以下のさまざまなテーマに取り組み、積極的に公開していきます。